単身 引っ越し

単に安いだけの単身パック引っ越しで失敗

 

価格は提携ということでリーズナブルに設定されていたのですが、作業員はアルバイトと思われる男性1名のみ。

 

当日に引っ越し荷物の搬入は家主の到着を待ってからという契約だったのに、早く着いたので搬入しましたと荷物を全て押し入れに収納されており、引っ越しが終わってから開けてみるとダンボールを落下させた形跡があり、中の家電が木っ端微塵に破損していました。

 

アフターサービスも悪く、この会社の信用も無くしたので二度と提携業者も使っていません。

 

大手の引っ越し業者の方が値段は張りますが、アフターフォローもしっかりしているし、人数も二人以上で回っている所が多いので単身引っ越しで荷物が少なくても、引っ越しには多少の出費は覚悟して大手にした方が後々の出費は免れるかもしれません。

 

安い単身パックで引っ越しする際は、業者の質とサービスを要確認です。

 

ダンボールに搬入先の場所をあらかじめ記入しておくと荷解きが楽です。

 

食器を新聞紙で包むと全て洗い直さないといけないので、かなり食器が多い人は日頃からお菓子やお届けものでついているプチプチを取っておくと引っ越しの時にとても重宝します。

 

引っ越し業者からダンボールを購入すると結構お値段が貼るので、薬局からダンボールを貰ってくるという人もいると思いますが、貰うダンボールは重量感のある商品のダンボール(例えば水物や洗剤など)が入っているダンボールは他のダンボールより厚手で破けにくいのでオススメです。

 

貰っていけないのは、大きいからといってティッシュやトイレットペーパーの入っていたダンボール。

 

大きさは申し分ありませんが、かなり薄く、中に重い荷物を詰めると破損します。